ダイニングテーブルつくっちゃいました!!

ギャレ株式会社 独自のスキームで理想を形にギャレ株式会社は関西圏を中心に 建築設計 監理 ・ デザイン事業 を展開しております

サイトマップ

ダイニングテーブルつくっちゃいました!!

皆様こんにちは!!

まだ少し暑さは残ってますが、過ごしやすい季節になってきました。

なんとか夏の暑さに耐え抜きましたっっっ!!

そんなこんなで、今回のblogは 設計スタッフの山根がお送りしますよヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

 

さてさて、皆様。

作っちゃいましたよ、自宅のダイニングテーブル!!

20150830_182236

これです!!

かなりお気に入りです。

なんたって憧れの一枚板ですから。

このテーブル作りを今回は綴りますね。

 

まずは、天板探しからスタートです!!

ダイニングテーブルは4人掛けであれば120~150cm×75~80cm程度が一般的でしょうか。

一枚板というのは木を切り倒して板状に切ったもの。なかなか思い通りのサイズが見つからないんです。

なんせ、一枚板って、けっこう高いんです。価格がっ。。。

(僕にとってはけっこうではなく、かなり高いものが多いです。。。)

ですが、探せばあります、僕でも買えるものが。

ケヤキ、トチ、クルミ、スギ、ヒノキ、タモ、クス…などなどたくさんの樹種がありますが、

今回僕が選んだのは、「杉(スギ)」です。

「スギ」は皆さんも聞いたことのある木ですよね?

なぜ「スギ」にしたかって、一番は比較的お求めやすいお値段なんです。

そして、柔らかくて肌触りがよく、木目の美しい樹種ですね。

僕が購入したのは奈良県は吉野で育った、天乾材(機械を使わず時間をかけて乾燥させた材のこと)です。

今回は知人を通じて知り合った材木屋さんにて入手しました。

1437726886270 1437726882312

購入した一枚板がこちら。

左の写真が表面になります。裏面より色が濃いのはこの日が雨で濡れていたからと、割れ止めの塗料が塗ってあるからです。

この状態で250cm×60~70cm 厚6cm です。

木は空に向かうほど細くなってるので、自然が生み出した曲線ですね。

これを太いほうから150cmのところでカットすると、63~70cmの奥行のテーブルになります。

上に書いたように、一般的なダイニングテーブルは幅75~80cmなので、少し小さめです。

理想は150cm×80cmだったのでここはかなり悩みましたが、市販のランチョンマットは30cm×45cm程度なので、なんとかいける!!と思いこの天板に決めました。

実際、今のところ問題なく食事できてます。

広い部屋ではないのでこのぐらいでちょうどよかったのかもd(>_< )Good!!

 

このあと、テーブルのサイズにカットして表面を磨いていきます。

この写真は丸太をスライスして板になったそのままの状態なので、表面はざらざらです。

これをテーブルに使える天板にしていきます。

・・・が、長くなってきたのでこの続きはまた今度僕がblogを更新するときにしますね!!

 

お楽しみにヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪